年末について思うこと(除夜の鐘)

Posted by on 2014/12/31

もう三年くらい除夜の鐘を聞いていません。
実家がある頃は当たり前のように聞いていたのですが。

大正生まれの父が存命の時はさすがの私も大晦日に都心で飲んだくれるわけにもいかず、
ほぼ100パーセントの確実で実家に居たんですね。
子供の時は当然ですが、私も弟も結婚後もこの日だけは実家に帰りました。

こういう強制力はある程度必要ですよね。酒が入るとケンカになったりもしましたがね、それも思い出です。
近くにお寺はないんですよ、でも隣の町にお寺はありました。このお寺の鐘の音が聞こえるんです。

もちろん距離が離れているので微かにしか聞こえません。というよりもかなり神経を集中しないと聞こえません。
これを50年以上も聞いていたんだね。実家を売却してからは聞くすべもありません。
当たり前のことが当たり前でなくなることもあるんですね。

Comments are closed.