産毛の脱毛で毛のう炎を防ぐには

Posted by on 2017/06/06

産毛の脱毛を行う場合、毛のう炎に気をつけなければなりません。産毛は太い毛と比べると本数が多い傾向にあり、それだけ毛穴の数もあるということです。
毛のう炎は毛穴のある場所に発生しますので、処理を行う場合にはリスクが伴います。脱毛の際には、衛生面に気をつけることがとても大切です。

毛穴からバイ菌が入ることで発生しますので、常に衛生的に保つことができれば防ぐことも可能です。
産毛とはいっても、処理を行えば当然毛穴は開いた状態になっていますので、皮脂や汚れが付着しやすい状態です。
なるべく早めに毛穴を閉じる必要がありますので、収れん化粧水などを利用してケアを行うことが重要です。産毛は色素が薄ければ目立ちませんので、剃るだけ十分なケースもあります。
剃ることによるリスクもありますが、皮膚表面のムダ毛しか無くなりませんので毛穴がぽっかりと空くことはありません。

産毛脱毛をしたい場合には、フラッシュ脱毛などの肌を引き締めるタイプが有効です。施術後、一定期間を経過するとムダ毛がするすると抜け落ちます。
ムダ毛がなくなるだけでなく、肌を引き締めたり潤いをよみがえらせる効果もありますので、衛生的に保つだけでなく美容にも役立ちます。

Comments are closed.